Qualendar for pdaXrom 1.0.1公開

続きましては、Qualendar for pdaXrom 1.0.1の公開です。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、pdaXromはZaurusで最も有名な代替ROMの一つです。デスクトップLinuxのほとんどのソフトウェアを利用でき、必要十分な専用設定ツール群も備えていて非常に完成度が高いのですが、残念なことに使いやすいPIMがありません。ということで、今回は今更ながらpdaXromを導入し、Qualendarを移植してみました。pdaXromのバージョンは安定度の高い1.1.0beta3です。

Qualendar for pdaXromのスクリーンショットはこちら。

インストールは、feedからqt-mtとsqliteのインストール後に

をインストールして下さい。また、実行前には日本語フォントのインストールと登録が必要です。

以上です。なにかご質問等ありましたらお気軽にどうぞ。

4 Responses to “Qualendar for pdaXrom 1.0.1公開”

  1. kanon Says:

    teraさん遅くなりましたが動作報告です。

    デュアルブートでhdd4にあるpdaXii13(5.4.9Alice)に(qt-mtとsqliteは既に入っています)qualendar_1.0.1をインストールしたところ全く反応しなかったのでqt-mtとsqliteのバージョンをbeta3のfeedと確認してみたらqt-mtは3.3.5で同じでしたがsqliteのバージョンが3.2.1ではなく2.8.17となってましたのでbeta3のfeedのものを入れ直したら無事qualendarの画面を拝むことができました(^_^)v

    qualendarをpdaXii13でも使えるなんてありがとうございます。

  2. tera Says:

    > kanonさま
    いつもコメントや動作報告、大変ありがとうございます。

    pdaXii13ではsqliteのバージョンが異なっていたようで、お手間を取らせてしまい申し訳ありませんでした。
    私としても全ての代替ROMをカバーしきるのは難しそうなため(だから敢えて派生元のpdaXromで開発しています)、こういったフォローなどは大変有難い限りでございます。

    しかし、こちらを使って頂ける方がいて良かった…。
    実際Qpdf3 for pdaXrom作成のついでみたいな所があったので、少し気になっておりました。
    どうぞ使い倒してやって下さい。
    Qtopia環境との予定、ToDoの共有も可能ですので、ご要望がありましたらどうぞ。

  3. kanon Says:

    >Qtopia環境との予定、ToDoの共有も可能
    これは実現したらうれしい機能です。

    あと休日データですがqualendar_1.0.1では2008年以降も用意されているようですがもれがあるみたいです。
    自分の環境では/usr/share/qualendar/holidays.txtをエディターで編集したら追加分もちゃんと表示されるようになりました。
    追加した内容は
    2008 5 6 振替休日
    2009 5 6 振替休日
    2009 9 22 国民の休日
    です。

  4. tera Says:

    > kanonさま
    了解しました。
    そろそろ底をついてきていた感があったので、ネタをどうもありがとう。
    それと、休日データ漏れのご指摘有難うございました。
    次回の更新に必ず反映させて頂きます。

Leave a Reply