今この辺です

前回の記事でも少し書きましたが、強制イベント発生につき現在海外に来ています。今この辺にいます。

もしこれで分かった方がいらっしゃいましたら素晴らしい。地理に疎い私のこと、一週間前に見せられたとしたら分からなかったに決まってます。ちなみに、これはここの市庁舎らしいです。15世紀半ばに建てられたそうですが、手設計、手作りでよくもまぁ…。それまでにどれだけの知識、技術の研鑽があって、その建築にどれだけの人が知恵を出し合い、労力、情熱を傾けたかと思うと、ここに人の文化というものの一つの極みを見た思いです。

きっとソフトウェアの世界もこの建築物のようなもので、いろんな人が少しずつ力を出し合って、よってたかって組み上げていくものなような気がします。私もその建築の一端を担えれば嬉しいなぁ。

ところで、ここ一週間にコメントを頂いた方にはお待たせしてしまい、大変申し訳ありません。私は文章を考えるのにかなり時間がかかってしまうたちなので、まとまった時間が取れるまでもうしばらくお待ち下さいませ。

3 Responses to “今この辺です”

  1. サム Says:

    おお、こんな異国の果てにいらっしゃるとは。
    teraさまは朽ちかけたザウルスという建物を
    立派に支える「柱」となっていますよ。

  2. ちゃび Says:

    ここはどちらなのですか?
    一瞬、サグラダ・ファミリアかなと思いましたが、市庁舎ということは違いますよね。
    私は地理に疎いので、GM_Liteを利用して克服していきたいと思っています。

    サムさまがおっしゃるようにteraさまは、ザウルスを支えてくださっている柱だと思います。
    私はその朽ちかけた建物まわりで右往左往する技術のないアルバイトの土木作業員のような気がしております。どちらかというと、単なる建物の利用者ですかねぇ・・・。

    私も建物(Zaurus)を大事にいつまでも使っていきたいです!

  3. tera Says:

    > サムさま、ちゃびさま
    コメントありがとうございます。
    返信が遅くなってしまい大変申し訳ないです。

    なんとサム様はお分かりになったようですが、写真はベルギーのルーベンというところです。
    他にもドイツとか行っておりましたが、本日ようやく日本に帰ってこれました。
    やれやれです。
    それほど長く離れていたわけではないのに、日本の米がめちゃくちゃうまい!
    あと、パンはしばらくNo thank youの方針で。

    個人的には、ソフトウェアを普通にお使いの方も、経験をフィードバックされる方も、もちろんサムさまのような開発者の方も、組み上げる量こそ異なるものの皆等しく建築家なのだと思ってます。
    よってたかって組み上げて、この市庁舎のようにずっと使われ続けるような立派な建物ができれば嬉しいなぁ。

Leave a Reply